廃車にした車の思い出

車と空

3年くらい前の話ですが、一台の軽自動車を廃車にしました。

この軽自動車は大学生の頃に4年間乗っていたものでしたが、私が卒業する少し前にエンジンが壊れてしまったのです。

この軽自動車との出会いは大学一年生の頃に友人からタダ同然で譲り受けたものでした。私が所有した頃には走行距離が10万キロを超えておりボロボロな状態でしたが、学生でしたのでお金もなかったため手直ししながらなんとか使っていました。4年間で天井の塗装もはげ、高速道路を乗っているとエンジン音で助手席の人と会話できないほどうるさい車だったことを覚えてます。

しかし、私の通っていた大学は山にあり電車とバスを乗り継がないと通学ができなく、下宿先も周りがコンビニもないような場所でしたのでこんなボロボロの車でも大変助けられました。

大学卒業間近で就職先も決まった後に故障したので、買い替えにもさほど困らずに済むことができました。新しい車はこの軽自動車に比べて乗り心地も良く手入れの手間もかからなくなりました。

しかし、大学時代金銭的に苦しい時もありましたがこのボロボロの軽自動車に助けられ、手入れの手間は大変でしたがその分思い入れも強くなっており廃車の瞬間はとても悲しかったことを覚えています。

今の車も社会人のスタートから3年間乗っていますが、まだこれから先も乗っていくことでしょう。いつか廃車の時が来ると思いますが、その時は以前の軽自動車のように悲しい思いをすると思います。しかし、廃車の時までにたくさんの思い出を持てるように今後も大切に乗っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です